2014年11月27日

白のレスポール

音楽雑誌を読むことが少なくなりました。買うなんて行為はまったくなくなり、立ち読みもほとんどしなくなった次第です。

ただ、そのごく稀に立ち読みするときに、ふと感じたことがある。

「あれ?白のレスポール使ってる人多くないか?」

何か多いのよ!

まったくもってどうでも良い情報ですが、私も白のレスポール持ってるんですよ。エピフォンだけど。。

ちなみに購入したのは、15、16年前だと思う。もちろん、その頃は白のレスポールなんてものは流行ってなかったと思う。色々な音楽雑誌を読んでいる時期だったので、多分間違いなかろう。

記憶では、デフ・レパードの故スティーブクラーク、マニックストリートプリーチャーズのジェイムスくらいかなぁ。レスポールといえば、ジミーペイジやスラッシュの「アレ」だったわけです。

やはり、ハードロック育ちの身としては、レスポールに憧れはあるのですが、アレを持つほどギターは上手くないといったときに、白はちょっとオシャレっぽい感じもあって良かったんですよね。

ただ、最大の欠点は「重たい」。。スタジオでたまに使ったりしますが、移動の際に肩凝ります。

でも、やはり弾いていて気分は良いですね。歪みとか抜けが良い気がします。


と、ここまで書いておいて何ですが、次のライブはフライングVを使いますm(__)m
posted by augustreport at 08:46| Comment(0) | ボーカル松尾

2014年11月26日

コード進行の話

昨日の続きになるのですが、J-popの曲においては、下記の進行が多いらしいです。

C-B on G-Am-Em

F-G-Em-Am

Dm7-G-CM7(Em)-Am

で、実際家で弾いてみたのですが、何かわかる気がする(^-^;

ベタっとではなく、サラっと哀愁を感じさせるところがポイントなのかもしれん。。

ちなみに、自分で作った中で「良く出来たなぁ」と思ったのは、August以前に作った「Autumn Girl」という曲のブリッジ部分ですね。コード進行全部は思い出せなかったけど、C-A7という流れが良かったのよね。また、全部思い出したら書いてみよう。

ただ、思ったのはコード進行からメロディを発想するやり方は多分に「類型的」になる怖れがあるのかもしれない。やはり、メロディと言葉が先にありきで考えていかないと。

ちなみに、Augustがよく使うコードは「メジャーセブンス」というコードです。とにかく響きに品があり、明るいようにも暗いようにも取れるところが好きです(^-^)v。

逆に普通のEmとかAmはあまり使わないかも。。
posted by augustreport at 08:50| Comment(2) | ボーカル松尾

2014年11月25日

悪いくせ

どうも曲を作るときに変なハードルを作りがち。シンプルなギターロックかつポップな曲を作りたいと思っているんだけど、何か色々な要素を突っ込みたくなってしまう(^-^;

で、シンプルな曲を書きたいなと思ったときに、亀田誠治さんが語る「J-popのコード進行」みたいな記事を読んでしまい、「ふーん、じゃあその進行で私が曲を作ったら、どうなるんだろう?」とか思ったり。。もはや病気に近い(^-^;。

ご存じの通り、ギターの木村さんからは「じゃあ、15分あげるからBメロ作っておいて」とか、結構言われてたので、何となくそういうのに慣れたのかも知れん(-_-;)。

まぁ、そうやって追い詰められた方が集中力を発揮出来るというメリットもあるのかな。

今年の年末年始あたりで、「シンプルな曲」を数曲チャレンジしてみようかな?詞とメロディで完結出来るような。
posted by augustreport at 13:29| Comment(0) | ボーカル松尾